買取実績


KATO・189系・国鉄色・あさま/7両

 

photo189系国鉄色/国鉄時代の碓氷峠再現にピッタリ

写真は2011年頃に登場した、カトー製Nゲージの189系国鉄色です。基本セットは〔クハ189-509+モハ188-30+モハ189-30+サロ189-9+クハ189-2〕で、増結セットは〔モハ188-13+モハ189-13+サロ189-110+モハ188-31+モハ189-31+モハ188-43+モハ189-43〕です。編成両数の多いほうが基本セットとなることが多いのですが、この製品の場合、基本セット5両に対し増結セットは中間車のみの7両なので、購入を検討されている方は注意してください。

このうち、クハ189-509は豊田車両センターの189系M52編成「グレードアップあずさ」色、モハ188-30+モハ189-30は同M51編成(国鉄色)として今も現役の車両です。北陸新幹線の開業により長野総合車両センターの189系が風前の灯火となった今、豊田車両センターに残る189系に注目がシフトしていますね。

書いていて気づいたのですが、モハ188-30+モハ189-30の2両は同じくカトーから発売された〔189系「あずさ」ニューカラー〕にも含まれていて、「あさま」の運転終了にもない「あずさ」へ活躍の場を移した、時代の変遷を窺うことができます。

ちなみに、写真のプロトタイプとなっているのはかつて「あさま」で活躍していた旧・長野電車区時代の189系です。車両の人気に応えるべく、他にもカトーは〔中央ライナー〕〔グレードアップあさま〕〔さよなら特急「あさま」〕などさまざまな製品を発売していますが、碓氷峠に関しては「EF63」という肝心な機関車が2006年まで模型化されておらず、やきもきした方も多いのではないでしょうか(笑)

現在はEF63も1次形、2次形が製品化され、年代におけるEF63+189系の移り変わりを的確に再現することができます。日本の鉄道史における名シーンを、ぜひ再現してみてはいかがでしょうか。

鉄道本舗では、ご自宅で不要になった鉄道グッズの買い取りサービスを展開しています。飽きてしまった模型、遊ばなくなったプラレール、見なくなったDVDなど、整理にお困りでしたらぜひご連絡ください。リピーターのお客様には割増で買い取りいたしますので、たくさんのご依頼、お待ちしております!

Posted in 定番の買取実績 | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」