買取実績


KATO・205系・直流通勤電車・埼京線色/6両

photo

埼京線205系/ATACSの導入まで残り1年

写真は先日買い取らせていただいた、埼京線・川越線仕様の205系です(カトー)。同線用の205系は当初、1989年から90年にかけて投入された新製車で、すべて0番台でした。2013年からE233系7000番台が投入されると順次撤退し、解体された車両もあれば、インドネシアに譲渡され、現役の車両も存在します。

2016年6月現在、すでに埼京線用のE233系は全編成が揃っていますが、1編成だけ205系が現存しており(ハエ28)、孤軍奮闘中です。埼京線は2017年秋に新型の保安装置「ATACS(アタックス)」の導入が予定されており、E233系をATACS対応に改造する際の予備車として、205系が1本不定期で運用されています。
ちなみに、ATACSは現在仙石線で使用されており、それらフィーバックを基に2036年まで首都圏全域での導入が目標とされているそうです。

埼京線の205系は2014年に惜別のヘッドマークが取りつけられながら引退せず、少し不服にも感じたものですが…以上の理由から205系の活躍も、残り1、2年といったところでしょうか。そう感じると寂しくもありますね。

そんなハエ28ですが、2015年12月18日、ちょっとしたヒーローになりました。
りんかい線内で70-000形が故障し動けなくなったところ、偶然にも後続だったハエ28が現場まで駆けつけ、70-000形と連結。車両基地まで推進・牽引し、見事に救援車としての役目を果たしました。筆者としては最近、なかなか出番のないクモヤ143が救援したら面白いと思ったのですが、またひとつ、ハエ28の新たな伝説ができましたね(?)。

鉄道本舗では、模型を中心としたさまざまな鉄道関連品を査定・買い取っております。模型の場合、リニューアル品が発売されたことで、旧製品を不要に感じる場合があるかと思います。慣れたスタッフが適正な査定額を提示しますので、お気軽にご相談ください!

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」