買取実績


KATO・205系・3100番台・仙石線色/4両

photo

仙石線用205系/色の違いには理由があった

仙石線で活躍する205系(3100番台)は2002年から04年にかけて投入され、103系を置き換えました(一部、予備として残った編成もあります)。これらは山手線で活躍していた車両で、2M2Tによる4両編成への組み替えや、耐雪ブレーキ・半自動ドア・レールヒーターの設置など、耐寒仕様に改造されました。また、クハ205には大型のトイレも設置されています。

そんな仙石線用の205系には、3種類が存在しています。

ひとつが、写真のような青と紫の帯の編成で、車内はオールロングシート。最も多いタイプで、山手線時代の面影を残している車両です。

それに対し、緑、紫、オレンジ、赤と1両ごとに帯の色が違う編成も在籍しています。これはロングシートに加え「2WAYシート」が設置された編成で、データイムなどの閑散時は背もたれを枕木の方向に向けることでクロスシートに、通勤時間帯はレールの方向に転換することでロングシートとして使用することが可能です。これは4両編成のうちの1両に対して見られる仕様で、他はロングシート。松島など、観光地への輸送を配慮したものと言えるでしょう。

しかしながら、2WAYシートは登場時から半ば固定状態で使用されています。年代により「常時クロス」や「山側ロング、海側クロス」などやや迷走している雰囲気があり、当初のコンセプトが十分に活かせているとはいえないかもしれません。ちなみに、近鉄5820系などでも「L/Cカー」と称した同様の座席が見られますが、こちらは固定とはならず、利用状況に応じて切り換えられているようです。

最後に、「マンガッタンライナー」です。石巻に記念館のある漫画家・石ノ森章太郎が描いたキャラクターをラッピングした編成で、当初は1本のみ在籍していましたが、のちに「マンガッタンライナーⅡ」として異なるデザインの編成が登場し、現在は2本が活躍しています。

これら仙石線の205系は、これまでカトーにより幅広く製品化されています。ぜひ、コレクションのひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

鉄道本舗では、皆様のご自宅で余っている鉄道模型の査定・買い取りを行っております。処分を検討されていましたら、お気軽にご相談ください。

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」