KATO・205系・5000番台・武蔵野線色

photo

この鉄道模型の写真は205系です。ラインカラーがオレンジ色の車両は武蔵野線を走っていたので、205系の武蔵野線色と呼ばれています。

205系は1985年に登場した直流通勤電車です。205系は103系の後継車両として投入されていました。当初は国鉄が製造していましたが、国鉄分割民営化後はJR東日本とJR西日本がそれぞれ設計・製造しています。

国鉄時代は山手線と東海道・山陽本線で運用されていました。JRに分社化されてから、JR東日本では、山手線・横浜線・南武線・中央本線・埼京線・川越線・京浜東北線・根岸線・京葉線・相模線・武蔵野線などで運用されていましたが、現在は後継車両としてE231系やE233系に引き継がれているため、運用が見られない区間があります。JR西日本については阪和線のみ運用されています。

武蔵野線については2002年から運用が始まり、その後他の路線からの転用という形で205系の車両が多く見られるようになっています。E231系とE233系の導入で205系の運用が外された山手線などが武蔵野線に転用されています。武蔵野線以外では鶴見線・八高線・川越線・仙石線・武蔵野線・日光線・宇都宮線などで205系を見ることができます。

最後に、鉄道本舗では武蔵野線色の205系、山手線・横浜線・南武線・中央本線・埼京線・川越線・京浜東北線・根岸線・京葉線・相模線・武蔵野線・南武線などの鉄道模型の車両も買い取りを行っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。