KATO・205系・5000番台・武蔵野線色

photo

205系5000番台武蔵野線色/武蔵野線→京葉線を走る205系

写真は武蔵野線で活躍をしていた205系です。KATOから発売されています8両セットを前のオーナー様より買取させていただきました。

武蔵野線は開業当時103系を中心に活躍をしていましたが、2002年から2005年にかけて武蔵野線に205系5000番台が投入されました。特記すべき点といえば、京葉線の直通運転を行うために同線の地下トンネルの急勾配区間に対応すべく、電動車を8両中6両という編成を組んでいました。主に山手線で活躍をしていた205系を同線などに転属させ対応し、主回路の変更と主電動機の換装など一部の改良を行った結果、電動車4両でもほぼ同等以上の性能を確保しました。このことで電動車のみが5000番台に改番されているのが同線で活躍をしている205系の大きな特徴です。

こうして誕生した205系5000番台は府中本町から南浦和、千葉県の新松戸を通り、西船橋から京葉線に入り、地下駅である東京駅へといわば東京圏を環状する路線で活躍する車両となりました。

KATOの8両セットは205系の特徴ともいうべきステンレス車体を塗装技術によって忠実に再現しています。E231などJR東日本が設計・開発した電車が台頭している現在、いまなお活躍をしている205系5000番台。是非買取させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。