KATO・223系・2000番台・2次車・新快速/8両

photo

223系2000番台/JR西日本の標準型近郊電車

関西圏内の新快速として活躍をしている223系。アーバンネットワークの中軸を担っている223系を先日買い取りさせていただきました。

223系は1993年から2008年までの15年間に、様々な仕様変更を繰り返し生産が継続された223系は221系の後に登場した車両で、現在JR西日本のアーバンネットワークを代表する車両のひとつになっています。223系は0番台・2500番台は阪和線・関西空港線用に、東海道・山陽本線用として1000番台・2000番台が、東海道・山陽本線・そして福知山線用には6000番台、寒冷地の北近畿地区用は5500番台、さらに岡山地区用の5000番台、在来線技術試験車U@techと言った事業用車に9000番台と8グループが在籍しています。

モデルになっている223系2000番台は、1000番台の増備車として、これまでのノウハウやコストダウンを図り誕生した番台で、1999年から2008年まで川崎重工業と近畿車輛で。年代やマイナーチェンジなどで1~7次車まで存在をしています。そのうち2次車は、アーバンネットワークの輸送改善、また113系の置換の目的として2003年に投入されました。8両編成を5本、4両編成を7本、さらに快速列車用として6両編成を2本、合計80両が製造されました。

新快速を中心に活躍をしている223系2000番台。増結セットを組み込めば、新快速をよりリアルに再現することができます。現在の関西の標準近郊型電車を買い取りします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。