KATO・287系・くろしお/7両

photo

287系くろしお7両セット/新しい特急くろしお車両

写真は京都・大阪から和歌山・那智勝浦・新宮方面へと走っています、287系くろしおです。KATOからリリースされていますこの商品を先日買い取りいたしました。

直流特急形車両である287系は2011年に登場しました。その287系が最初に投入されたのは特急きのさきや、こうのとりなどで運用されていた183系の老朽化にともなう置換用として誕生しましたが、その後紀伊半島の紀勢西線を走る特急くろしお用として、2012年のダイヤ改正から6両編成を2本が、京都~新宮間を4往復で営業運転を開始しました。オフセット衝突対策や衝撃吸収構造などJR西日本が採用している車体強度が特徴の287系。台車は225系や683系4000番台をベースとした軸はり式ボルスタレス台車を採用し、部品の共通化およびメンテナンス化を図りコスト削減を行っています。

吹田総合車両所日根野支所には、HC編成として6両編成6本と、3両編成5本の計51両が所属している。

モデルは6両基本セットとなっており、動力車や先頭車はヘッド・テールライト点灯はもちろんのこと、増結車両と連結できるように密着連結器を備え付けられています。

紀勢西線を走る287系くろしお。現在の主力特急電車を喜んで買い取りさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。