KATO・583系・交直両用特急形寝台電車

photo

583系交直両用特急形寝台電車/国鉄が産んだ世界初の寝台電車

写真は、世界初の寝台電車として活躍した583系です。現在は臨時電車として活躍し鉄道ファンから絶大な人気があるこの電車を、先日買取させていただきました。

583系が登場した背景には、地形が複雑で勾配や曲線の多い島国の日本は、加速・減速性能、さらに上り勾配での速度に優れている電車、または気動車といった動力分散方式の車両が1960年代初頭から一般化しつつありました。これら列車は主に昼行列車に投入されましたが、対する夜行列車は従来どおり機関車牽引の客車で運行される動力集中方式がまだ一般的でした。1960年代に入ると日本は高度経済成長が始まり、それに付随して輸送需要が増大し、それに答えて国鉄は優等列車の増発が進められました。そのとき運転本数が多くなった急行・特急列車に対して、それら車両を留置する車両基地の容量の問題が起きました。これらの解決策のひとつとして、昼夜兼行で使用可能な寝台兼用電車を設計・開発することとなり、誕生したのが583系です。

世界初の寝台電車として活躍した583系ですが、登場以前、寝台設備を持つ動力車は、20世紀初頭に走っていたアメリカのインターアーバン、また戦後1950年代中頃には西ドイツの寝台気動車VT10.5形などがありましたが、いずれも少数・短期間で姿を消してしまいました。そのため583系は世界で最初の本格的な寝台電車という位置づけになりました。

こうして誕生した583系は、国鉄時代、南福岡電車区や向日町運転所・そして青森運転所に配置され、南福岡電車区や向日町運転所の車両は、夜行列車は月光・明星・金星など、また昼間はみどりやつばめ、はとなどの特急電車を担当。青森運転所の583系は夜行列車ははくつる・ゆうづるなど、そして昼間ははつかりなどを担当しました。長きに渡って活躍した583系ですが、高速道路の整備に伴う夜行バスの台頭や新幹線の延長営業などで次第に数が少なくなっていき、国鉄民営化時は、JR北海道に7両、JR東日本に141両、JR西日本に60両継承されました。そして現在はJR東日本のみとなり、世界初の寝台電車はもはや風前のともしび状態となっています。

モデルは古くから583系を出しているKATO製で、当社のみならずTOMIXからもリリースされていますね。どちらの製品も喜んで買取させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。