KATO・583系寝台形寝台電車

photo

583系/祝!検査出場

写真はKATO製のNゲージ・583系寝台型特急電車です。7両編成のセットと、バラの6両分を買い取りさせていただきました。

581・583系は、電車として日本初の寝台設備をもつ形式として1967年に登場し、最初に新大阪~博多間の夜行列車「月光」に充当されたことから、「月光型」という愛称もつけられました。その後、「明星」「金星」「つばめ」「はと」など名列車を次々担当し、一時代を築きました。

現在は、秋田車両センターに6連1本が残るのみとなりましたが、この編成(「N1・N2編成」)が2016年1月に検査を受け出場。ピカピカに塗り直され、ファンにとっては嬉しいニュースでした。そして、1月後半にはさっそく「天理臨」としてはるばる関西まで出張。伊吹山などロケーションの魅力的な大垣~米原間では多数のファンが撮影していました。

筆者は一度だけ、この583系に乗ったことがあります。2013年1月まで運転されていた「きたぐに」です。実は発車直前まで切符を取っておらず、ダメ元で新潟駅の窓口に問い合わせたところ、寝台車の中段が奇跡的に空いていました。当時は廃止間際ということもあって連日混雑していたはずですが、本当に運がよかったです!窓口の方も驚いていたようでした。

現車は6連1本まで減少していますが、今回の依頼主様は写真のように増結し、往時を再現していたとのこと。583系は今も根強い人気がありますので、もしもご自宅で余らせている583系の模型がありましたら、こちら鉄道本舗までご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。