KATO・683系・サンダーバード

photo

この写真にある鉄道模型はサンダーバードの3両増結セットです。683系はJR西日本と北越急行が設計・製造した交直両用特急形車両です。

681系と北陸方面の特急列車で運用されていた485系は30年運用されており、老朽化が進行していました。485系の置き換え用として製造され、683系は681系の増備車として2001年3月3日のダイヤ改正から運用を開始しています。2015年秋頃から2018年度末までに681系とあわせて177両にリニューアルが順次実施されています。

サンダーバードの運行区間は大阪駅と金沢駅間です。サンダーバード以外では、朝夕の通勤時間帯に「びわこエクスプレス」として大阪駅と米原駅間で運用されています。名古屋駅から米原駅を経由して金沢駅に向かう特急「しらさぎ」の運用があります。特急「しらさぎ」編成には車体の側面に白鷺のイラストを添えた SHIRASAGI のエンブレムがあります。北陸新幹線開業後のダイヤ改正時に、「能登のかがり火」「ダイナスター」がデビューしています。北陸方面への通勤客・観光客の足として活躍しています。

北陸本線開業前に金沢駅から北越急行ほくほく線の越後湯沢駅まで乗り入れていた特急「はくたか」が運用されていました。車両愛称はスノーラピッドとして親しまれていました。当時618系・683系編成で時速160㎞運転をしていましたが、2015年3月の北陸新幹線の開業に伴い、681系・683系の「はくたか」の運用がなくなりました。

最後に鉄道本舗では683系のサンダーバードの鉄道模型他、しらさぎとはくたか(スノーラピッド)等の買取りも行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。