買取実績


KATO・683系・2000番台・しらさぎ/3両

photo

683系2000番台・第二ステージへ!

写真は先日買い取りさせていただいた、KATO製683系2000番台です(Nゲージ)。「しらさぎ」で使用されていた485系を置き換えるべく、2002年に登場しました。青とオレンジの帯を巻き、車体側面には「SHIRASAGI」のエンブレムを添えたスタイルで長らく活躍していましたが、2015年3月に大転換期が訪れます。北陸新幹線の開業により在来線の「はくたか」が廃止となり、元北越急行の681・683系「スノーラビット色」(白地に赤帯)が「しらさぎ」へ転用されることになったのです。

これにより、2000番台は「しらさぎ」から撤退。新形式「289系」に改造され、和歌山方面の特急「くろしお」や北近畿・山陰方面の「こうのとり」などに転用。同地区に残っていた381系を置き換えました。

一方、683系2000番台を置き換えた元北越急行車は、現在すべて「しらさぎ」色に塗り替えられ活躍していますが、先代や転用前とは異なりエンブレムステッカーのない点が特徴です。また、転用直後はスノーラビット色のまま「しらさぎ」の運用に入り、転配期の貴重な姿となりました。さらには車両の融通がきかなかったのか「サンダーバード」の代走までも務め、併結相手が「しらさぎ」色という珍しい場面も見られたようです。

KATOからは683系2000番台のほか、「サンダーバード」や元「はくたか」の681系も発売されており、それぞれに基本セットや増結セットが存在するので、それらを連結させ、多彩な組み合わせを再現するのも面白いかもしれません。

北陸新幹線の開業は並行する在来線や関連する列車に大きな影響を与え、大規模な車両の動きが見られました。681・683系もそのうちのひとつで、特にスノーラビット色の消滅前は乗車や撮影に行かれた方も多く、模型の需要も高まりました。このように、話題に上がる車両は関連する鉄道グッズを手に入れようとする動きも高まりますので、もしもご自宅で余らせていましたら、ぜひ鉄道本舗までご連絡ください。公正・公平な査定額を提案させていただきます。

Posted in 定番の買取実績 | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」