買取実績


KATO・AVE・Serie・100・スペイン列車/10両

photo

スペインAVE/国民性に反し…?

写真はカトーのNゲージ、スペイン国鉄「AVE(アーベ)」で活躍する車両です。AVEは1992年のセビリア万博に合わせ、首都マドリードからセビリアにかけて開通した高速鉄道です。時速300kmで走行することが可能であり、いわば日本の新幹線、フランスのTGVのような存在でしょうか。実際、TGVとはさまざまな共通点があり、将来的な乗り入れも考慮されているとのこと。また信号類にはドイツのシステムが導入され、国境の壁を取り払おうとするEUの動きを感じさせます。今後、どう発展していくのでしょうか。

このAVEについて面白いのが、遅延することが少なく、時には予定時刻より早く着いてしまうという点です。前者は日本の鉄道においては普通ですが、後者はまずありません。加えて、スペインの国民性として「時間にアバウト」という話を聞いたことはありませんか?待ち合わせれば、30分遅刻は当たり前。飲食店に入れば、いつまで経っても料理が出てこない。工事を頼めば、業者がやって来たのは一週間後…。というのはネットの情報を基にした筆者の想像ですが、私を含め現地を訪れたことがない方でも、一度はそんな話を耳にしていると思います。

そんな緩い雰囲気の中で、なぜAVEはしっかり時間が守られているのでしょう?

そこには分かりやすい理由がありました。AVEでは、延着した場合に乗客に対して料金を払い戻すルールがあるのだそうです。その額も高く、15~30分では料金の50%、30分以上ではなんと100%です。またAVEに限らず、他にも払い戻し制度を設けている鉄道があり、その率はさまざまです。実際、遅延が頻発しないようダイヤは余裕をもって組まれているようですが、これでは運行する側も気をつけざるを得ません。とても興味深い話です。

鉄道本舗では、幅広い鉄道関連品の買い取り依頼を承っています。日本はもちろん、写真のような海外の品物も大歓迎です。品物の整理にお困りでしたら、お気軽にご相談ください!

Posted in 定番の買取実績 | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」