買取実績


KATO・E217系・横須賀線・総武線/4両

photo

E217系/思わぬ形で珍編成が実現

写真は横須賀・総武線快速でおなじみ、E217系です。多くの新機軸を盛り込み「新系列車両」として登場した209系の近郊バージョンとして、1994年に登場しました。それから早20年。引退はまだ先でしょうが、E231系のように多数の線区に投入されなかったため、置き換えが始まると一気に数を減らしてしまう予感がします。

113系を置き換えたこと以外は大きなニュースもなく、淡々と輸送にあたっているというイメージのE217系。2008年からは順次更新工事が行われ、強化型スカートの採用、車体の帯をそれまでと比べ明るいものに変更するなど、久々に話題に上がりました。写真はカトーのE217系4連で、リニューアル後の姿を再現しています。

カトーはもともと、E217系を基本セット×1、増結セット×2、付属編成セット×1の全4パターンを発売していて、リニューアル後の「新色」も同様に4種類発売したため、非常にラインナップが充実しています…と思ったのですが、競合品であるマイクロエースのE217系も同様でした(笑)これは比べ甲斐がありそうです。

また最近のE217系のニュースといえば、2014年のクリスマスに起きた「30両編成」でしょう。

2014年12月25日、東京駅の横須賀・総武線快速ホームでE217系15両編成のパンタグラフが破損。自走することができなくなり、どうなるのかと思っていたところ…新橋方から救援にやってきたのは機関車ではなく、なんと別のE217系15両!故障車と連結し、前代未聞の30両編成で鎌倉車両センターへ回送されました。

この様子はテレビでも注目され、テレビ朝日「グッド!モーニング」やNHK「特ダネ!投稿DO画」でも紹介されました。事故であり、決して歓迎されるものではありませんが、一ファンとしてはぜひ、生で30両編成を見てみたかったです。

そんなE217系、ぜひレイアウトに加えてみてはいかがでしょうか。

また、ご自宅で不要になった模型がありましたら、ぜひ鉄道本舗までご連絡ください。査定にあたっては「宅配」と「出張」の2パターンを展開していますので、店舗までお持ちいただく必要はありません!

Posted in 定番の買取実績 | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」