買取実績


KATO・E231系・常磐線/6両

photo

E231系常磐線・品川に乗り入れたものの…

写真は先日買い取りさせていただいた、KATO製のNゲージ・E231系常磐線用6両セットです。オールロングシートで、E231系の通勤タイプとしては最長の15両編成で運転されています。登場は2002年と同系列の中では早く、常磐線(快速)の上野~取手間と成田線の103系を置き換えて以降、あまり目立った動きがなく地味な存在でした。

しかし、ついに転換期が訪れます。「上野東京ライン」の開業です。

2015年3月以降、常磐線は一部の列車が品川までの直通運転を行うことになりました。よってオレンジと緑の帯ではないE231系やE531系が東京や品川で見られるようになったことに、最初戸惑った方も多いのではないでしょうか。

さらに「ときわ」や「ひたち」といった特急列車も直通するため、データイムの常磐線直通列車は1時間あたり4往復体制に。上野駅での乗り換えがなくなり、利便性が向上しました。

しかし、宇都宮線や高崎線の場合は多くの列車が上野東京ラインを経由して品川以南の横浜や湘南方面へ直通するのに対し、常磐線は品川止まりに加え本数が少ないため、少し遅れをとっているようにも感じます。使用している車両が違うこと、また需要の面など体制変更にはハードルもあるのでしょうか、常磐線沿線の自治体や住民からは品川以南への直通の要望が大きいとのこと。

開業して間もない上野東京ラインが今後どう進化していくのか、非常に楽しみですね。

この常磐線用E231系ですが、KATOからは「6両基本セット」「4両増結セット」「5両セット」の3種類が発売されているので、15両の長大編成を再現するもよし、成田線ローカルの短編成を再現するもよしです。また競合としてトミーテック、マイクロエースも同系列を製品化しているので、購入を検討されている方は各社のレビューや、実際に触ることで比較するとよいかもしれません。

もしも買いかえを検討されている方は、鉄道本舗が査定・買い取りを承りますので、お気軽にご相談ください。

Posted in 定番の買取実績 | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」