KATO・E233系・1000番台・京浜東北線

photo

 E233系1000番台京浜東北線増結/京浜東北線の主力電車

京浜東北線・根岸線で活躍をしているE233系1000番台の増結セット。KATOからリリースされていますこの商品を先日買取させていただきました。

国鉄民営化直後の京浜東北線・根岸線は103系が主力で活躍をしていましたが、1993年JR東日本が開発した209系が同線に導入されました。長きにわたって活躍をしていた209系ですが、2007年頃から209系の後継車両が登場しました。それがE233系1000番台です。

E233系1000番台は京浜東北線・根岸線向けの車両で、2007年度から2009年度にかけて投入し、10両編成を83本総計830両が製造されました。そのことで車齢が若いものの機器の故障が多かった京浜東北線の209系は0番台の半数程度が廃車となり、それ以外の0番台と500番台は他路線へ転用されました。その車体は、前面帯が前面窓下に配され、列車番号表示器が前面窓の右下隅に設置されている点である為、同じE233系とは異なります。そしてその車内は、各ドアの上部に17インチワイド液晶ディスプレイが設置され、運行情報や広告などを表示しています。また座席モケットは路線カラーの青色をベースとした明るい色調を採用し、背もたれの柄はバーコード風の長短の線を組み合わせることでスピード感とモダンな都会のイメージを表現したものになっています。なお209系の時代は6号車に連結されていた6扉車がありE233系にも連結する予定でしたが、京浜東北線のピーク時の混雑率が年々緩和されていることや、E233系の特徴ともいうべき拡幅車体による定員増加などで、連結しないこととなりました。こうして誕生したE233系1000番台はすべての車両がさいたま車両センターに配備され、京浜東北線・根岸線で現在も活躍をしています。

本モデルはステンレスボディーにブルーの帯を忠実に再現。増結セットであるため、先頭車や動力車は入っていませんが、フル編成にしたらより京浜東北線を走るE233系を再現することができます。先頭車・動力車がついていない増結セットも喜んで買い取らせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。