KATO・E259系・成田エクスプレス

photo

E259系/カトー、トミックスどちらも高い再現性

E259系は「成田エクスプレス」で活躍していた253系の置き換え用として、2009年10月に営業運転を開始しました。Nゲージではこれまでカトーとトミックスが製品化していますが、各レビュー記事を確認した限り、どちらも再現性は高く、満足な意見が多く見受けられます。

写真は、同形式初のNゲージ製品であるカトーの【E259系 成田エクスプレス(6両)】で、当初からアンテナをはじめとする各部品が取りつけられているほか、車体側面の行き先表示や「N’EX」ロゴも印刷済みなので、購入してすぐに走らせることができます。「ポポンデッタ」などの模型店では店内にレイアウトが設置されているので、さっそく試運転してみるのもよいですね。

一方、トミックスのE259系も各ロゴなどは印刷済みですが、屋根上のアンテナ類や、側面の行き先幕は別途パーツを使って再現する必要があります。現在、トミックス、カトーともに基本・増結ともに3両で販売していますが、かつては写真のカトー製品のほか、トミックスにも限定品として6両のセットが登場しました。

レビュー記事で最も見られた意見が、車体の「ツヤ」の違いです。
特に前面の黒い部分について、カトーは光沢度が高いのに対し、トミックスは若干ツヤを抑えています。さらにその上の運転席については、カトーは窓を薄緑色として同化を避けているのに対し、トミックスは黒。ここが一番好みの分かれるポイントではないでしょうか。筆者としては、黒味の強い引き締まった印象のトミックスが好きかなあ…。

実車では、2010年に羽田空港に国際線の定期便が復活するなど、成田空港の役割も変わってきています。そんな中で、E259系がこれからどう変化していくのか、注目ですね。
鉄道本舗では、模型をはじめとする幅広い鉄道グッズを買い取っております。処分にお困りでしたら、WEBからいつでもお申し込みください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。