KATO・E26系・カシオペア/6両

photo

E26系カシオペア6両/銀色車体の寝台列車

2016年3月に北海道新幹線開業を受けて、惜しくも引退となった寝台特急カシオペア。ファンにも絶大な人気を誇るこの車両を先日買取させていただきました。

カシオペアは1999年に上野~札幌間を同じ区間を走っていた北斗星と違ったコンセプトで運行開始した寝台列車で、全客室を2名用A寝台個室にするなどをしてさらにサービスの水準をアップして登場したフラグシップトレインです。1編成のみのカシオペアは臨時列車扱いの列車で高額な寝台列車でしたが、とても人気の高い列車で1か月前の発売開始となる寝台券はほぼ同時に売り切れることも多いことでも知られていました。

機関車は上野~青森間は2010までは田端運転所のEF81、それ以降は同区のEF510が牽引、青森~函館間は函館運輸所のED79、函館~札幌間は同じく函館運輸所のDD51が重連で運転されていました。後者のED79とDD51は北斗星と同じ塗装の機関車でしたが、上野~青森間はEF81・EF510とも専用の塗装を施した機関車が牽引し、ファンを魅了していたひとつでもありました。

2016年3月に通常の運転は終了しましたが、毎年JR東日本管内で運転されるカシオペアクルーズなど引き続き運転される予定で、これからも目が離せない列車のひとつであると言っても過言ではないカシオペア。

人気車両のひとつでもありますので、買取させていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。