KATO・JR・キハ85系・ワイドビューひだ/5両

photo

キハ85系/ライバルは先に引退

写真のキハ85系はJR東海発足後の新形式第一号として、1989年に高山本線の特急「ひだ」、1992年に紀勢本線の特急「南紀」に投入されました。さまざまな新機軸が盛り込まれた中、特に画期的なのが高速化を図るべく、海外製のディーゼルエンジンを積んでいる点です。その当時までは、気動車の開発において保守的な側面があったといい、出力よりも信頼性を重視した日本製のディーゼルエンジンが採用されていました。

しかし、キハ85では米メーカーの高出力エンジンが採用され、流れを180度転換。最高速度は120km/hとなり、キハ80など、それまでの車両に比べ大幅に所要時間を短縮しました。

かつてキハ85には、セットで語るべき「亜種」が存在していました。名鉄のキハ8500系です。

国鉄時代から名鉄は高山・富山方面へ直通する特急「北アルプス」を運行していましたが、車両の老朽化が進んでいたこと、またJR東海がキハ85を投入したことから、対抗策として1991年に登場。キハ85とは共通点が多く、最高速度120km/h、8500という形式名、ひいてはエンジンの型もほぼ同じものを採用していて、対抗心ムンムンの車両に思えました(もっともJR線上も走るわけですから、キハ85と仕様が近ければ歓迎される面はあったでしょう)。

しかし面白いのはそれだけではありません。その1991年の多客期から名鉄「北アルプス」とJR「ひだ」の併結運転が開始され、キハ8500+キハ85というライバル同士の併結運転が見られるようになりました。次第にマイカーや高速バスとの競争、それにともなう料金の割高さが表面化し利用率が低迷しますが、それでも2001年までの10年間にわたって続き、異なる会社の車両が連結する珍しい運行形態として、特筆すべき実績でしょう。

現時点でキハ85はカトーから、キハ8500はマイクロエースから製品化されています。キハ8500は会津鉄道に譲渡されたのち、2010年に営業運転から退いています。よって、模型でかつての併結運転を再現してみてはいかがでしょうか。また、不要な鉄道模型の査定依頼も随時承りますので、お気軽に鉄道本舗までご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。