KATO・JR・埼京線色・205系

photo

埼京線205系6両/軽量と新技術を取り入れた通勤電車

写真は川越から新宿・大崎、さらには東京高速鉄道りんかい線へと走っていた埼京線の205系です。KATOからリリースされていますこのセットを、前オーナー様から先日買取をさせていただきました。

205系が活躍をしていた埼京線とは、大崎駅から池袋・赤羽・武蔵浦和各駅・そして終点の大宮駅までを運行している運転系統の通称です。正式には大崎から池袋間は山手線、池袋から赤羽は赤羽線、そして赤羽から大宮間は東北本線の支線として分類されていますが、それらを統合して、私たちがよく言っている埼京線と言われています。

その埼京線で活躍をしていた205系ですが、日本の通勤電車の代名詞ともいうべき103系の後継車両として、1985年に誕生しました。

車体は101系や103系と同じ20m級の4扉車ですが、車体の材質をこれまで鉄道車両で多く扱っていた普通鋼製から、大手私鉄などの電車でも採用されているステンレス製にしました。このことによって車体の大幅な軽量化と塗装工程を省略することでメンテナンスが軽減することができ、その後国鉄民営化で誕生したJR各社にも大きな影響を与えた車両ともいうべきでしょう。

また205系の主電動機ですが、近郊形の713系向けに開発されたMT61形直巻整流子電動機を採用し、103系や省エネ電車として知られている201系より低回転域でのトルクをより向上させ、さらに弱めた際の界磁率を35 %まで拡大して高速性能を確保しました。新たな技術を採用した電動機と205系のステンレス車体の採用により、地下鉄の乗入用として活躍をしていた203系と同じ歯数比であるにもかかわらず、高速仕様として設計されていた201系とほぼ同等の起動加速度と高速特性を確保できたのも205系が今日まで活躍している大きな要素のひとつと言えるでしょう。

モデルはKATO製の基本セット6両。増結セットを加えれば、往年の埼京線205系をリアルに再現することができます。

埼京線の代名詞の通勤電車205系。ファンに人気があるこの電車を喜んで買取させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。