買取実績


KATO・JR・E257系・あずさ・かいじ/7両

photo

E257系/武家の家紋をあしらう

写真は先日、依頼主様が売却してくださったE257系です(カトー/Nゲージ)。実車は中央本線で活躍していた183・9系の置き換え用として、2001年12月から営業運転を開始しました。3年後の2004年には房総方面の特急にも投入され、同様に183系列を置き換えています(塗装は異なる)。

その中で中央本線に増備されたグループは、車体を白を基調とし、「武田菱」をイメージした四角いカラフルな模様が描かれています。「武田」とは戦国時代、信濃(現在の長野県)や甲斐(現在の山梨県)を拠点としていた武家で、数々のドラマや映画の主人公となっている、武田信玄が有名ですね。そんな武田氏の家紋は菱形を4つ組み合わせたような形となっており、ゆかりの地を走るE257系にも採用されました。

運用面では、まず2001年12月に「あずさ」3往復に投入されると、順次「かいじ」や「中央ライナー」、「青梅ライナー」でも運用を開始。結果的にわずか1年で183系列を置き換え、比較的少数の増備にとどまったE351系に比べ、大車輪の活躍を見せています。

中でも特徴的な運用が、篠ノ井・信越本線の松本~長野間を結んでいる快速列車です。
この快速列車は長野6:55発→松本8:02着の2530Mと、松本20:05発→長野21:08着の2537M(時刻はいずれも2016年3月ダイヤ改正版)で、快速列車ながらグリーン車の設定もあり、いわば通勤ライナーのような列車です。朝においては、下りの松本→長野間で189系により運転される「おはようライナー」と好対照ではないでしょうか。

そんなE257系。ぜひ、乗車や模型を楽しんでみてください。
また鉄道本舗では、ご自宅で不要になった鉄道模型を買い取っております。車両はもちろんのこと、レールやストラクチャーなど、あらゆる規格・品物を査定いたしますので、まずはお気軽にご相談ください!

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」