kawai・Nゲージ・セメント専用車・タキ12200他6両

photo

タキ12200・ホキ5700/セメント輸送に活躍

写真は、河合商会のタキ12200形とホキ5700形のセットです。

左のタキ12200形は、セメント輸送用として1968年から81年にかけて134両が製造されました。すべて富士重工業が製造し、落成後は日立セメント、秩父セメント、大阪セメント、小野田セメントなど各セメント会社の私有貨車となりました。荷重は40tですが、所有先の地上設備によって、集塵口や積み込み口にバリエーションがあります。

一方、右のホキ5700形も、40t積のセメント用貨車です。1965年から73年にかけて648両が製作され、こちらも各セメント会社に所属していました。

日本では1970年代に鉄道によるセメント輸送がピークを迎えますが、以後は減少が続き、写真のような貨車も貴重な存在となっています。一方で、三重県の三岐(さんぎ)鉄道では数少なくなったセメント輸送が行われており、およそ半世紀前に登場したED45形が牽引を務めるなど、ファンの注目を集めています。

模型や書籍、廃車発生品、小物など、鉄道グッズの処分にお困りではありませんか?鉄道本舗の「出張買取り」または「宅配買取り」なら、全国どこでも無料で査定が可能です。万が一値段がつかなかった場合でも、処分品として引き取りますので、お気軽にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。