買取実績


TOMIX・キハ183・特急ディーゼルカー

photo

キハ183系/極寒地に対応させた特急気動車

写真は函館・室蘭・千歳線で活躍しているキハ183系北斗です。北海道の特急気動車の代名詞ともいうべきこの車両セットを先日買取させていただきました。

キハ183系が登場した背景には、北海道内の各特急列車は1961年に登場したキハ82系気動車を長きに渡って使用してきましたが、1975年頃から接客設備の老朽化、また酷寒地の運用であるため部品の損耗が激しく故障が多発し始めたのが現状でした。後継の車両については北海道内での使用を重点にし、同地の気象条件に適合した特急形気動車として開発が進められ、1979年にはキハ183系の先行試作車が完成しました。同車両は1年半の試運転の後、1981年10月からは量産車の使用を開始し、モデルチェンジ車も含めて現在も活躍をしています。

そのキハ183系のモデルチェンジ版とも言うべき500・1500番台は、国鉄分割民営化後の1986年に新潟鐵工所、富士重工業で36両が製作された車両です。車体の仕様はこれまでのキハ183系とほぼ同じですがが、キハ183系500番台の普通車で設置を見送っていた外気取入装置を屋根上に設置しました。これに伴い車体妻面の貫通路上方に通気口が設置されましたが、トンネル通過時の気圧変動の問題のため早期に塞がれました。駆動機関は6気筒・12気筒とも過給器のインタークーラー追設などで出力を増大し、変速機は減速比を変更した DW12A・DW13A を搭載。また台車は基本番台と構造変更はありませんでしたが、高速走行のためヨーダンパ・滑走検知装置が追加されました。ブレーキ装置も同じですが、登場時から120km/h運転を想定していたためダイナミックブレーキを新製時から取付けられていました。

こうして登場したキハ183系500番台は北海道の道南から道央を結ぶ特急列車などで使用していましたが、一部報道でキハ183系の置き換えを2017年度末までに完了する予定であることを報じられました。引退が早くても遅くても北海道の大地を走るキハ183系はそう長くないと言えるでしょうね。

モデルはトミックスからリリースされたキハ183系です。北海道の主力で活躍していた同車を喜んで買取させていただきます!

 

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」