TOMIX・東海道・山陽新幹線・0形・6両

photo

東海道・山陽新幹線0系誰もが知っている新幹線車両

写真は鉄道ファンのみならず、誰もが知っている形の0系新幹線です。トミックスから発売されていますこの商品を先日買取させていただきました。

0系は、1964年の東海道新幹線開業に合わせて誕生した新幹線です。0系は1964年から1986年まで改良を重ねつつ総計3,216両が製造された車両で。世界ではじめて200 km/h を超える営業運転を達成した車両でも知られています。登場時は12両編成の0系でしたが、1970年に大阪で開催された日本万国博覧会の輸送増強のために16両編成となり、それは今の東海道・山陽新幹線の基本編成になったのは言うまでもありません。また山陽新幹線が博多まで開業した1975年には食堂車が付いたのも特記できる点ですね。また速度も1986年に最高速度を開業当初からの210 km/hから220 km/h に引き上げを行うなど、限界にチャレンジし続けた0系新幹線。長きにわたって東海道・山陽新幹線を走り続けたきましたが、後続の新型新幹線にバトンを譲る形でJR東海所有車は1999年に、JR西日本所有車は2008年にそれぞれ引退をしました。

モデルは特徴ある先頭車両を忠実に再現をしています。6両編成ですので、JR西日本のこだまになりますね。年末年始やゴールデンウィーク、お盆の時期にふるさとや行楽地へ乗った方も多いかと思います。永遠の名車0系。喜んで買取をさせていただきます!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。