TOMIX・E4系・東北・上越新幹線・Max

photo

E4系東北・上越新幹線Max増結/オール2階建て新幹線

新幹線は、現在JR四国を除く各旅客会社で運行され、さまざまなスタイル、そしてカラーディングがあり、子供から大人まで幅広く人気がある車両ですね。今回はトミックスから発売されたE4系東北・上越新幹線Maxの3両増結セット買わせていただきました。

200系の老朽取替とE1系導入後も増え続ける旅客需要に対応するために製造されたE4系は、E1系と同様に全車2階建車両でMaxの愛称が与えられている車両です。そのE4系の最大の特徴とも言うべき先頭形状は、鉄道ファンからカモノハシまた巨大イカと呼ばれています。

そのE4系の車体は、元祖全車2階建新幹線のE1系は普通鋼製であったのに対し、E4系は車内販売ワゴン用の昇降機の設置など重量増分を補うため大型押し出し型材によるアルミ合金製で製造されました。またカモノハシといわれている先頭形状は、トンネル微気圧波現象および高速走行時の騒音対策を施しているため、E1系のノーズ長は9.4メートルに対してE4系は11.5メートルとロングノーズとなりました。また2階建車両で床下に各種機器を配置することがまず困難であるため、床下機器は水タンク、空気圧縮機、主電動機電動送風機のみにとどめ、主変圧器、主変換装置、補助電源装置は車端部の床上に搭載。また機器室は室内とは気密壁によって仕切り、気密外となっています。

台車は、ゴム併用板バネ式ボルスタレス台車を採用し、電動台車はDT208、付随台車はTR7007。集電装置は200系と同じ下枠交差型パンタグラフが採用されました。

こうして誕生したE4系は、最高速度は240km/hを走る新幹線で、定員は8両編成で817人、2本連結した16両の定員は1,634人と高速鉄道車両としては世界最大級を誇るものになりました。E1系の12両編成から8両編成とした理由は、需要の関係により必ずしも12両編成で運行する必要がないことが挙げられ、逆に輸送需要の多い時間帯、または年末年始やお盆期間など2本連結した16両編成にして、需要の多寡に応じた運用を可能とすることを目的に量数を調整しています。

現在E4系は上越新幹線でMAXときおよびMAXたにがわで運用に従事しています。

写真は増結セット3両ですが、基本セットも合わせて買い取りをさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。