買取実績


TOMIX・JR・さよなら0系ひかり

photo

みんなの憧れ、夢の超特急!0系新幹線

国鉄が1964年(昭和39年)に開業した東海道新幹線向けの車両として開発した0系、改良を重ねながら増備されていき合計で3000両以上が製造されています。世界で初めて時速200kmを超える営業運転を達成し“夢の超特急”として人々を魅了し白と青の鮮やかな塗装は日本の高速鉄道の幕開けを象徴するものでありました。飛行機のように羽を付ければ飛び立てそうな顔たちはかつて日本が世界と争った際の戦闘機から得たデザインで設計した当時の技術者達は乗り物の平和的な利用という願いも込めていたのではないでしょうか。その後100系や300系、500系、700系など新しい車両の登場により徐々に世代交代が進みついに0系は1999年(平成11年)に東海道新幹線から引退、短編成化され山陽新幹線で活躍していた車両も2008年(平成20年)をもって引退となりました。

0系の最終日となった2008年12月14日、新大阪~博多間ではさよなら運転が実施され多くのファンに見送られ走り慣れた山陽新幹線を後にしました。その際に使用されたR61編成をTOMIX(トミックス)が製品化しており買取りをしてまいりましたのでご紹介いたします。品番92963のJR西日本0系7000番台新幹線電車「さよなら0系ひかり」6両セットになります。“さよなら”の語呂合わせで運転されたR61編成「ひかり347号」を再現、特定の編成のため車両番号などのマークが既に印刷されているのがうれしいですね。扱い易い6両編成で手軽に0系をお楽しみいただけるこちら、思い出の詰まった最終列車をご自慢のレイアウトに加えてみてはいかがでしょうか。

鉄道本舗では新幹線をはじめとした各種鉄道模型や鉄道書籍、鉄道部品など鉄道に関する幅広い買取りを行っております。コレクションしてきた模型や読み終わった本などを整理したい方がいらっしゃいましたらぜひご連絡ください。こちらから直接お客さまの元へお伺いして買取りを行う出張買取りサービスも実施しております。もちろん出張に関わる交通費は全て弊社が負担いたしますのでお気軽にご相談くださいませ。

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」