TOMIX・JR・近郊電車・コカ・コーラ塗装

photo

115系コカコーラ塗装

誰もが知っている飲料水が書かれていた近郊型電車

写真は赤い車体に、窓下にはコカコーラの広告が載った115系です。トミックスから登場したこの商品を先日買取させていただきました。

長野や新潟方面を中心に走っていた115系は、寒冷エリアや急勾配路線の運用をすべく誕生した近郊形車両で1963年から1983年まで1921両製造されました。その長野地区に投入された1000番台は

上越線・信越本線などの寒冷地ならびに冬期降雪の多い地域での運用を考慮した耐寒耐雪強化構造が施工された番台で、1977年から1982年にかけて製造されました。

主に115系300番台をベースにして誕生した1000番台ですが、客席を当時の急行形車両並にシートピッチを拡大したことや、現在では当たり前になっている冷房を登場時は搭載していませんでしたが、将来の搭載改造の際に工事簡略化を考えたいわゆる冷房準備工事車でもありました。そのほか乗客用扉は近年の戸締機構の改良がなされていたため半自動時の人力による開閉時負担を低減できたこと。また車両の端部に雪切室を設置し、そのあたりに5人掛けのロングシートを設置するなど、1000番台は主に居住性を向上させた番台でした。

そして115系の塗装は東海道線で見られる湘南色を標準としていましたが、長野エリアは横須賀色でした。ただし、横須賀線で見られた正面の下部を斜めに塗り分けたものとは違い、貫通扉を除き前面下部を直線状に塗り分けされ、横須賀線の113系はスカ色と言われていたのに対し、115系は山スカ色と言われていました。

国鉄時代、そしてJRになってからも山スカ色で活躍をしていた長野エリアの115系ですが、JR後の1987年、当時のN12編成がコカコーラ広告電車として登場しました。車体コカコーラのイメージカラーとも言うべき赤一色で登場したこの電車は、車両の番号表記を中央ドア下へ移設し、従来の場所にコカコーラのロゴを配置、さらに車内は、当時の普通電車には珍しくコカコーラ社の自動販売機を設置しました。国鉄民営化の象徴とも言うべきこの電車は、1993年の契約終了まで長野エリアを中心に走り続けていました。

モデルは115系の形をそのままに、赤一色とコカコーラのロゴが入った当時の姿を再現しています。モデラーはもちろん、コカコーラ好きの方にもたまらないこの商品を買い取りさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。