買取実績


TOMIX・JR・209・500系・京浜東北線/3両

photo

京浜東北線209系500番台/幅広の通勤電車

京浜東北線で活躍をしていた209系。幅広車体でおなじみだった500番台増結車両を先日買い取らせていただきました。

209系は1992年に試作車901系として誕生した通勤電車で、発注したJR東日本では「新系列車両」として区分され、重量半分・価格半分・寿命半分のコンセプトを掲げて開発を行った車両です。901系は制御システム、駆動関係、室内のレイアウトなど異なる3編成製造し、京浜東北線で試験運転を行い、3編成の各要素を取り入れて1993年増産編成を投入しました。500番台はこれまで鉄道車両メーカーに設計・製造を依頼していましたが、同車は初めてJR東日本新津車輛製作所が全ての工程を担当した記念すべき車両であることが特記できます。

500番台の大きな特徴といえば、従来の209系に比べて車両の幅が大きくなった点で、まず中央・総武緩行線の103系の置き換えの為に1998年から製造されました。京浜東北線は2001年に2編成投入、その後も投入を積極的に行い従来の209系に交じって大船~大宮間を走っていましたが、2010年に209系の後継車両として誕生したE233系にバトンを譲り京浜東北線の運行にピリオドが打たれました。

通勤電車でお世話になったかもしれない209系500番台。基本セットも増結セットも喜んで買い取らせていただきます!

Posted in 定番の買取実績 | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」