TOMIX・JR・209・500系通勤電車・総武線

photo

209系500番台/幅広が特徴の209系

写真は幅広車体でおなじみの209系500番台の増結車両です。トミックスからリリースされていますこの商品を先日買い取らせていただきました。

209系誕生の前に、試作車として901系が1992年に誕生しました。新系列車両として区分された901系は、重量半分・価格半分・寿命半分のコンセプトを掲げて開発を行った車両です。901系は制御システム、駆動関係、室内のレイアウトなど異なる3編成を製造し、その後京浜東北線で試験運転を行い、3編成の各要素を取り入れて誕生したのが209系です。1993年に増産編成を投入した209系ですが、のちに車体の幅広が特徴の500番台が登場しました。鉄道車両はこれまで鉄道車両メーカーに設計・製造を依頼していましたが、209系500番台は初めてJR東日本新津車輛製作所が全ての工程を担当した記念すべき車両であります。

中央・総武緩行線の103系を置換のために1998年11月に落成した209系500番台ですが、500番台という番台区分は車体形状の変更に由来し、従来の209系より車体幅を150mm拡大しました。そのほか先頭車の車体長は中間車と同じ 19500 mmに揃え、そのことで先頭車の第1ドア・第2ドア間の寸法が短くなり、従来車ではすべて7人掛けであったドア間の座席がこの部分のみ6人掛けとなりました。台車の中心間隔は拡幅車体の採用による曲線での偏倚量の関係で、同じ拡幅車体のE217系などと同じ13800 mmとなっています。

209系500番台は、京浜東北線・根岸線用で運行されていた0番台と同じ10両編成で、車両性能も同じですが、当時主流であった6扉車は採用されず、全車両が4扉車となりました。また前面デザインは前面FRPカバーを白色に塗装をしており、現在同線で走っているE231系0番台は銀色塗装が基本となっているため、車両のイメージがそれぞれ違う特徴があります。

現在209系500番台は、帯の色をカナリア色にして中央・総武緩行線で、京葉線ではワインレッドの帯を施した車両で活躍をしています。

元祖幅広電車の209系500番台。基本セットも増結セットも喜んで買い取らせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。