買取実績


TOMIX・JR・415系・近郊電車・常磐線

photo

常磐線415系/常磐線を走り続けた白い電車

写真常磐線の普通列車として活躍をしていた415系です。トミックスから発売していますこの商品を、先日前オーナー様から買取させていただきました。

1971年から製造が開始された415系は。主変圧器が商用周波数50/60Hz両用となったTM14形を搭載する三電源対応形タイプで、交流50Hz用401・403系交流60Hz用421・423系を統一した電車です。特急電車として活躍をしていた485系と同様、周波数を統一して誕生した415系は0・500・700番台、そしてステンレス車体の1500番台とそれぞれ番台区分が発生しました。

415系の0番台は、MM’ユニットが0番台、クハ411に関しては300番台に分かれており、そのクハ411は電動空気圧縮機と和式トイレを装備していました。またモハ415に搭載されている電動発電機は出力20kVAで3相交流440Vにされていました。なおMM’ユニット付の0番台は19組38両、300番台のクハ411は39両の77両が製造されました。1978年から製造された100・200番台はMMユニット28組56両、クハ411形52両、サハ411形4両計112両のグループです。この番台の主な特徴は4人掛クロスシートの幅を急行形車両並に広くしたいわゆるシートピッチを改善したグループです。シートピッチを広くした関係で客室扉間の間隔も若干変更しました。

500・600番台は常磐線で活躍をしていた401系初期車が老朽化した関係で置換を目的に誕生したグループです。1982年から製造された4両編成を24本計96両のロングシート車で、クハ411形偶数向き車に和式トイレを設置し、対向側にはクロスシートが設置したため、こちらは600番台と区分しました。

そして700番台は1985年に開催されたつくば博の輸送力を増強した関係で製造されたグループです。1984年から1985年にかけてMM’ユニット23組46両と付随車16両計62両製造されました。

415系は長く常磐線上野~水戸~いわき間で運転されていましたが、JR東日本が開発した新しい電車に置き換えられた為、現在は見ることができません。モデルでは当時の姿を忠実に再現をしています。交直両用普通電車の415系。喜んで買取いたいます。

 

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」