TOMIX・JR・E231・1000系近郊電車

photo

E231系近郊型・シートが硬い?

写真は先日買い取りさせていただいた、TOMIXのE231系(近郊型)増結セットです。首都圏で多数勢力を誇っているだけあって、TOMIXをはじめKATO、マイクロエースからも多数のラインナップが発売されています。各社ともに「基本セット」と「増結セット」を別個に発売していますが、商品ごとに両数が違うので、飾ることを目的とする方には置くスペースに合ったものを選ぶことができます。

E231系近郊タイプは現在、小山車両センターと国府津車両センターの2ヶ所に配置されており、基本編成にはすべて2階建てのグリーン車が組み込まれています。小山車両センターへの投入は2000年ですが、当初、グリーン車は連結せずに登場しました。しかし2004年に国府津車両センターへ投入された編成は、最初からグリーン車2両が連結されており、サービスの統一を図るべく小山車用にもグリーン車を新造。現在の姿に至ります。

そんな当時、グリーン車の組み込み完了からグリーン車サービス開始(2004年10月ダイヤ改正)まで時間が空いてしまったため、高崎線と宇都宮線では「ただいまこの車両は普通車です」のステッカーを貼って普通車扱いとしていたのは有名な話ですね。

ちなみに、鉄道ファンの間ではたびたび「E231系のイスは硬い」という話を聞きます。これは正直、私も一理あるのではないかと思っていて、普通車はクッションが少なく、すぐにお尻が痛くなります。よって時々グリーン車に乗ることもあるのですが、ましてや、昨今の上野東京ライン開業によりロングラン運用が増えたE231系近郊型。できれば普通車のシートも改善してほしいなと、ひそかに思っています。

ともあれ、ますます首都圏の大動脈を支える存在となったE231系近郊型。ぜひ、模型でも再現してはいかがでしょうか。

鉄道本舗では、不要になった鉄道グッズの買い取りを行っております。模型以外にも、実車のヘッドマークや方向幕、DVD、プラレール、書籍などジャンルを設けず幅広く査定いたします。もちろん、査定額に納得いただけない場合は返却いたしますので、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。