買取実績


TOMIX・JR456系・磐越西線・急行形電車/3両

photo

455系磐越西線色

会津路を走り続けた元急行型電車

写真は長きに渡って磐越西線を走り続けた455系です。トミックスからリリースされていますこの商品を買取させていただきました。

455系が登場する前は、1958年に運用開始された153系電車が直流区間の急行電車として活躍をしていました。この電車の車体の両端に出入台を設け、客席はボックスシートにしたことで当時の客車を上回る居住性を実現し、乗客からは好評でした。またこの時代、変電所など地上設備の数が少なく済み、初期費用が少なくて済む交流電化を東北地方などを中心に推進したことを受けて、このことで直流電化区間との直通車両ができる交直流いずれの電化区間も走行できる急行形電車が必要となりました。さっそく153系をベースとした交直両用電車として開発されたのが451・471系です。その後、東北本線盛岡・鹿児島本線熊本電化開業、また北陸地区増発用として165系の交直両用タイプとして455系が誕生しました。

その455系は主にクモハ455、モハ454などを形成し、クモハ455は交流50Hz対応の制御電動車で抑速ブレーキ追加に伴う主抵抗器の大型化や空気圧縮機の移設などで、これまで活躍をしていたクモハ451・453と大幅に変更されました。またモハ454は、クモハ455とユニットを構成する中間電動車で。パンタグラフ搭載による低屋根部のファンデリアが2基に増強され、外気取入口を6組にする設計変更が行われました。

こうして誕生した455系は東北本線の急行電車を中心に活躍していましたが、急行電車が次第に淘汰され、国鉄末期は東北本線のローカル電車として活躍のステージを変えました。多くの455系が配置されていた仙台車両センターは、車体更新編成と未施工編成が混在し、更新車は先頭車が前照灯標識灯の一体化などの外観上の特徴を持っていました。磐越西線で活躍をしていた455系の車体は、仙台色といわれていた緑色帯を二重の塗装にされていましたが、その後は磐越西線専用塗装に変更しました。赤と白を基調とし、3両連結すると側面は半円の模様が描かれたものになっており、各車体中央にはBAN-ETSU LINE 455のロゴが書かれていました。この塗装はあかべぇステッカーが貼られるまで存在をし、磐越西線の普通列車の象徴でもありました。

車体のリアリティーはもちろん、車体の塗りわけ、ロゴを忠実に再現をしています。磐越西線を走り続けた455系磐越西線色、この商品を喜んで買い取りさせていただきます!

Posted in 定番の買取実績 | Tagged , | Leave a comment
© 鉄道専門高価買取店「鉄道本舗」