【岡山県】【宅配買取】【DE50】

こんにちは! 鉄道本舗のkameです。

今年も青春18きっぷで旅行してきました。米原から新快速に乗って終点の姫路へ。新快速とはいえ、2時間半の乗車はきついですね。姫路駅では姫新(きしん)線に乗り換えました。ホームからは姫路城が見えました。

姫新線は兵庫県姫路市から岡山県津山市を通って、同県新見市までの路線です。今では1~2両のディーゼルカーが走るローカル線ですが、かつては急行「みささ」「みまさか」等も走り、陰陽連絡線の一翼を担っていました。この山間の細道を、堂々10両編成の急行列車が走っていたというのは感慨深いものがあります。途中の佐用駅で1時間ほどの待ち合わせの後、津山行の列車に乗り換えました。

津山駅はこの地方の鉄道の要衝で大きな機関区もありました。現在その跡地は「津山まなびの鉄道館」となっています。保存車両の大半がディーゼル中心の珍しい施設です。

特にDE50は1両だけ試作された貴重なディーゼル機関車です。この機関車は愛知県にも縁があり、元々は稲沢機関区に配置され中央西線で試験走行が行われていました。中央西線が電化されることになり、岡山県の伯備線にやってきましたが、今度は伯備線も電化されてしまいました。元々は非電化の山岳路線の貨物列車用に開発されたのですが、投入予定路線の相次ぐ電化や貨物輸送の縮小により計画は中止となり、長らく岡山機関区の片隅に放置されていました。流転の人生を歩んだ機関車ではありますが、解体されず残ったというのは奇跡的かと思います。

隣にいた貨車移動機関車です。個人的にはこういう小さな機関車も好きです。昔はどこの駅にも見られましたが、今ではほとんど見なくなりました。

タブレット閉塞器も展示されていました。なんか赤い仏壇みたいな感じですね。このように一対で設置され、両駅間で1個のタブレットしか出せないように工夫されていました。

午後3時になると汽笛が鳴らされました。圧縮空気で鳴らしていました。弊社でも過去に買取りさせていただいたことがあります。実物はとても大きくて重いです。

汽笛を鳴らし終わるとNゲージジオラマの運転会が行われました。津山駅とその周辺を模したジオラマです。手前に扇形機関庫とターンテーブルがあり、ディスプレイされている車両も展示車両と同じという凝りようです。また、Nゲージを動かした人はわかると思いますが、Nゲージは非常にデリケートでして、少しでもレールや車輪が汚れていると動きがぎこちなくなってしまうのですが、このジオラマは一度もつっかかることなく走っていたのには感心しました。

さて、今回、岡山県美作市のお客様より宅配買取させて頂いたのは

「DE50」です。

鉄道本舗ではHOゲージの買取もさせていただきます。

どうぞ鉄道本舗まで買取依頼を宜しくお願い致します。

※査定価格は時期、状態、などを基に算出させて頂いております。

商品名 DE50
メーカー・型番 モア
状態 細かなキズ、汚れ使用感あり。
買取方法 宅配買取
買取エリア 岡山県美作市



出張買取,宅配買取