【岡山県】【宅配買取】【「みささ」サボ】

   こんにちは! 鉄道本舗のkameです。

今回、岡山県美作市のお客様より宅配買取させて頂いたのは

急行「みささ」サボです。

急行「みささ」「みまさか」は大阪駅から山陽線を下り、姫路駅から姫新線に入りました。津山駅で分離し「みまさか」はそのまま姫新線の中国勝山駅行きに、「みささ」は津山線を岡山から来る急行「砂丘」と併結し、因美(いんび)線を鳥取方面へ向かいました。国鉄時代はこういった急行列車の分割併合がよく行われていました。

 

「みささ」の愛称は鳥取県の三朝温泉に由来し、列車は最寄り駅の倉吉駅が終着でした。急行列車とはいえ、大阪から倉吉まで 6 時間近くかかっていました。現在は智頭急行線経由の特急「スーパーはくと」で 3 時間です。岡山からの急行「砂丘」も、智頭急行線経由の特急「いなば」となり、かつては急行列車が行き交った因美線もローカル列車が走るだけとなってしまいました。

今となっては姫新線で津山を目指すのは鉄ちゃんばかりなのですが、そんな中で姫路から津山まで乗り通したおばあさんがいました。 大阪から30分おきの高速バスの方が安くて早いと思うのですが謎です。

さて、前回の津山まなびの鉄道館見学後は、因美線に乗り、 津山から3つ目の「美作滝尾(みまさかたきお)駅」で降りました。昭和3年に因美線が美作河合駅まで開通と同時に作られた駅です。こういった木造駅舎が因美線沿線に多く残されています。

駅舎は典型的な「駅本屋1号」です。昭和初期に作られたローカル線の駅舎は、規格に基づいて作られました。大きさによって 1~5 号があります。同じ1 号駅舎でも内装や屋根の形にもいろいろなバリエーションがあります。

行き違いはできませんが、本線の向こう側に貨物用の側線跡があります。このような配線は若桜鉄道(旧国鉄若桜線)でも見られ、この時代・地域の特徴ある配線です。

駅舎の隣には自転車置き場となっている貨物上屋が残っています。かつては駅周辺の物資輸送に使われたのでしょう。

またこの駅は、映画「男はつらいよ」シリーズの第48作「寅次郎 紅の花」(平成7年公開)のロケが行われた駅です。冒頭のシーン。この駅で寅次郎は中国勝山行きの切符を買います。撮影当時、病を押して撮影に臨んでいた渥美清さんですが、相当病状は深刻で立っているのもやっとという状況だったそうです。渥美さんは公開翌年に亡くなり、この作品が「男はつらいよ」の実質的な最終作となりました。そしてこの中国勝山行きが、寅次郎最後の汽車旅となってしまいました。

駅前には記念碑も建てられ、駅舎内には当時の撮影風景の写真が展示されています。 美作滝尾駅で小一時間過ごした後、次の列車で鳥取方面へ向かいました。

鉄道本舗では鉄道放出品の買取もさせていただきます。

どうぞ鉄道本舗まで買取依頼を宜しくお願い致します。

※査定価格は時期、状態、などを基に算出させて頂いております。

商品名 「みささ」サボ
メーカー・型番 日本国有鉄道
状態 細かなキズ、汚れ使用感あり。
買取方法 宅配買取
買取エリア 岡山県美作市



出張買取,宅配買取