【埼玉県】【宅配買取】【ヨ8000】

こんにちは! 鉄道本舗のkameです。

今回、埼玉県さいたま市のお客様より宅配買取させて頂いたのは

「ヨ8000」です。

かれこれ30年以上前の話です。1980年代初頭はちょっとしたNゲージのブームでして、テレビの視聴者参加番組でNゲージが賞品として出品されたりもしていました。お父さんと子供は喜び、お母さんガッカリかとは思いますが(笑)。鉄道にあまり興味のない子でもなにがしかNゲージの車両を持っていて、教室の後ろのロッカーの上には誰かが持ってきた漫画本に紛れてNゲージのカタログがあってみんなでボロボロになるまで読んだものでした。

郵便局に社会科見学へ歩いてでかけたときに模型屋さんをみつけて、後日友達とNゲージを買いにいきました。その時に買ったのがKATOのヨ8000です。友達はトミックスのキ100を買いました。ともに現在でも売られているロングセラー商品です。ヨ8000などのKATOの貨車は2016年に値上げするまで、何十年も500円でした。キ100はTOMIX、河合、ポポンデッタと発売元は変わりましたが、模型は昔のままです。ちょうどファミコンが発売した時期と重なり、Nゲージのブームは長くは続かず、後にその友達の家へ行ったときにおもちゃ箱の中にキ100が無造作に入れられているのを見かけたときには悲しい気持ちになりました。

<ヨ8000>

従来から使用されてきたヨ5000形やヨ6000形の補充や、それ以前の老朽化した車掌車や有蓋緩急車などの置き換え用として、1974年(昭和49年)から1979年(昭和54年)までに1,170両が製作された。製作メーカーは日本車輌製造・川崎重工業・三菱重工業・若松車輌の4社である。性能や外観は従来の車掌車から大幅に変化し、乗務環境を向上させた最新設備の形式として大量に製作され全国で使用されたが、1986年(昭和61年)に貨物列車の車掌乗務が原則廃止され、本来の用途を喪失した。翌年の1987年(昭和62年)に行われたJR移行では、添乗や控車などの用途に使用するため一部が承継されたが、使用頻度は漸次減少しており、淘汰が進んでいる。(Wikipidiaより引用)

数少なくなってきた国鉄形の貨車です。画像のように大物車に連結されていることも多いです。昔、地元の駅でいつも同じところに4両連結されて止められていたのを覚えています。いつの間にかヨ8000もいなくなり、機関区や客貨車区もなくなってしまいました。過去にはヨ8000のイスも買取りさせていただきました。少し欲しかったです。

鉄道本舗ではNゲージの買取もさせていただきます。

どうぞ鉄道本舗まで買取依頼を宜しくお願い致します。

※査定価格は時期、状態、などを基に算出させて頂いております。

商品名 ヨ8000
メーカー・型番 KATO 8022
状態 細かなキズ、汚れ使用感あり。
買取方法 宅配買取
買取エリア 埼玉県さいたま市



出張買取,宅配買取商工会議所