【島根県】【宅配買取】【キハ187系ディーゼルカー】

 こんにちは! 鉄道本舗のkameです。

今回、島根県大田市のお客様より宅配買取させて頂いたのは

「キハ187系ディーゼルカー」です。

キハ187系ディーゼルカーは山陰本線の特急「スーパーまつかぜ」等に使われています。島根・鳥取両県とJR西日本合同の山陰本線高速化事業の一環として導入されました。0番台車には島根県の花「ボタン」、10番台車には鳥取県の花「二十世紀梨の花」があしらわれています。

出雲市駅を始発列車で出発。山陰本線は西出雲までが電化されていますが、それより西では非電化となりローカル色が一層濃くなります。田儀までが出雲国で、島津屋トンネルを抜けると石見国に入ります。このあたりから海沿いを走る風光明媚な区間となります。北側が海となり、できればこちら側の席をとるのがいいです。馬路駅で10分の停車。上りの「スーパーまつかぜ」と行き違いです。

ほどなく温泉津(ゆのつ)。温泉津は石見銀山の積出港として賑わった港です。「温泉」という名前からもわかるように、古い温泉街が残っています。好きな温泉地でして、ここ数年は年に 1度は通っています。元湯と精進湯の2軒あり、ともに古きよき時代の温泉となっています。

ここも 男はつらいよ「寅次郎恋やつれ」 (昭和49年公開 )の 撮影が行われた場所です。 寅さん一行を乗せたタクシーが温泉街を巡ります。 ロケが行われたのは40年以上前ですが、当時の街並がほぼそのまま残っています。 温泉津駅でも撮影が行われています。 島式ホーム上に信号テコ扱い所があった珍しい駅で、駅舎は改築されましたが、ホームなどは昔のままです。

温泉津からさらに西へ。島根県西部の都市益田で、山陰本線と山口線が分かれます 。キハ187系「スーパーおき」は山口線に入り、これより西の山陰本線は普通列車のみのローカル線となります。列車本数もぐっと減り、朝9時の列車を逃すと 次は午後1時です 。益田の駅でしばしの休憩となります。

宇田郷(うたごう)という駅で途中下車しました。近くにあるコンクリート橋が有名な撮影地となっています。橋を見学に行き、駅で次の列車を待っていると、突然の雨。自転車を押していたおじいさんが駅に駆け込んできました。宇田郷の駅は集落の外れの辺鄙なところにあり変だなと思っていたのですが、やはり2つの集落の中間地点に駅を設けたとのこと。また 、この駅にもかつては 4 人も駅員がいたといったことも教えていただきました 。

さて山陰本線の旅も大詰。 山陰本線の終点は幡生(はたぶ)という駅です。ここから山陽本線に合流し、列車は次の下関が終点です。「九州方面・ 乗換え」というのが、はるばる九州まで来た と感じさせます。下関から関門トンネルをくぐると、 いよいよ九州の門司駅です。せっかく九州まできたのですが、 1駅で下車しました。

駅前から出るバスでフェリー乗り場へ向かいました。新門司と神戸を結ぶ阪九フェリーに乗ります。 夜行列車がほぼなくなりまして、夜間に移動するのは高速バスかフェリーとなりました。最近は横になって寝れるフェリーの旅にはまっています。私は寝床には特にこだわりもないので、いつも雑魚寝の 2等船室です 。 50人ぐらい収容する部屋がいくつもあるのですが、台風の影響もあってか、 1部屋に 1人というような閑散ぶりでした。

風は多少あったものの波も穏やかな瀬戸内海を進みます。朝7時ぐらいに明石海峡大橋の下をくぐりました。 神戸の港は間もなくです 。

鉄道本舗ではNゲージの買取もさせていただきます。

どうぞ鉄道本舗まで買取依頼を宜しくお願い致します。

※査定価格は時期、状態、などを基に算出させて頂いております。

商品名 キハ187系ディーゼルカー
メーカー・型番 TOMIX 98011
状態 細かなキズ、汚れ使用感あり。
買取方法 宅配買取
買取エリア 島根県大田市



出張買取,宅配買取