【東京都】【宅配買取】【アルプスの氷河特急】

こんにちは! 鉄道本舗のkameです。

愛知県は今年は残暑が厳しく、10月に入ったというのにこの週末も30℃近くまで上がりました。夜に家の駐車場を歩いていると、路面に虫がいてカナブンかなと思ったら、なんとクワガタでした。今年は暖かいのでまだ元気なんですね。ブログのネタになるとあわててカメラを持ってきて激写。ISO12800でなんとか手持ちで撮れました。おっさんが夜に地面にはいつくばって、ひたすらクワガタを撮ってる画というのはシュールですね…。

さて、今回買取させていただいた商品は「アルプスの氷河特急」です。

氷河急行(ひょうがきゅうこう、または氷河特急あるいはグレッシャー・エクスプレス, Glacier Express)は、スイスを代表する山岳リゾートを結ぶ山岳鉄道である。マッターホルン・ゴッタルド鉄道(MGB)とレーティッシュ鉄道(RhB)というスイスの私鉄2社が、ツェルマット駅とサン・モリッツ駅の間で1930年から運行している。オリエント・エクスプレスにならい氷河急行と訳されることもあるが、スイスでは特別列車/車両という意味合いで「エクスプレス」という商品名を使用しているため、日本でこの商品が紹介される時に、現地の鉄道会社が<氷河特急>という日本語名でロゴを作成したため、スイス政府観光局や主な旅行会社では<氷河特急>と表記している。(Wikipidiaより引用)

何度も再生産されている人気商品です。「世界・ふしぎ発見」でスイスを特集した回で、視聴者プレゼントとなったこともありました。スイス自体が日本人に人気ですが、特にこの電車は人気だそうです。かれこれ20年前になりますが、スイスに行きまして私も乗りました。ユングフラウヨッホにも行きました。登山鉄道に乗っていくのですが、山の上の終点が富士山山頂ぐらいのところにあるのです。当然寒いわけでして、薄着で行った私はとにかく寒くて寒くて。夜行列車でベルンに着いて、ユングフラウヨッホなどに寄りながら、氷河特急でスイスを横断して、その日のうちにはイタリアに抜けました。滞在1日でしたが、とても印象に残った列車でした。こういう思い出の列車というのは模型でもほしくなるわけでして。私も買いました。発売されたときに知人に頼まれてスイス風のジオラマも作りました。

もう6年も前になります。久々に見てこれも懐かしいです。犬に追い立てられるはぐれ羊の画。こういう演出もジオラマ作りの楽しいところであります。

鉄道本舗では「アルプスの氷河特急」の買取もさせていただきます。

どうぞ鉄道本舗まで買取依頼を宜しくお願い致します。

※査定価格は時期、状態、などを基に算出させて頂いております。

商品名 アルプスの氷河特急
メーカー・型番 KATO 10-1145
状態 細かなキズ、汚れ使用感あり。
買取方法 宅配買取
買取エリア 東京都新宿区



出張買取,宅配買取